2013年01月23日

アイソトープ治療から5ヶ月目|甲状腺機能低下症に...なりました。

前回のブログ更新から随分と期間が空いてしまいました。。
それは、この辺りからが大変な戦いだったからです。

病院に行く直前の2週間程、なんだか体がよくツル症状(こむら返り)が出て。ストレッチで首筋がつったりと、昔バセドウ病の治療を開始した直後のこむら返りが多発していた時に似ていたのが気になり、通院すると・・・なんと、数値が一気に低下症を示しているというがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)

投薬治療もおかしな感じに。

一日目:メルカゾール1錠+チラージン1錠
二日目:チラージン1錠
三日目:メルカゾール1錠+チラージン1錠
四日目:チラージン1錠


という感じで、交互に飲み続けた。亢進を抑える薬と甲状腺ホルモンを補う薬と併用するなんて、素人には分かり難いが、専門医を信じて薬を飲む。
なんかこの頃から低下症の症状のひとつである、うつ病っぽい症状に苦しんでいたためか、記憶力も頼りなくて、「今日はどっちを飲む日だったか??」忘れてしまうので、100円ショップとかで売っている7日分の薬をしまえるお薬BOXを利用して管理した。

うつ病っぽいという点は、いろいろ甲状腺機能低下症の症状として説明がされていたので、落ち込みはしなかったけど
  • 本当に甲状腺機能低下症の症状のせい?
  • 本当は違う要因でうつなのでは?、など悩んだり。。。


  • 職場でいままで経験のない眠気に襲われる
  • しゃべっていて、舌がつかえたり、話す内容がすぐ出てこなかったり、人前で話すのが辛い
  • 思考能力が鈍る、話す内容がスルりと出てこないとかも頭の回転が遅い感覚
  • ぼーっとする
 
日中に眠くなるという症状は、体験したことがなかったのと、自分が職場で目をつむりたくなる感覚が嫌で嫌で。。。
本当に辛かった。
 
その後、念のためにも心療内科を受診してみた。。。

甲状腺はいろいろな臓器に関係があるので、心療内科の先生は「むずかしい」とおっしゃっていた。
甲状腺の治療をすることで、このような症状が改善することも多いから、と。
伊藤病院は忙しい専門医なので、甲状腺しか診ません。他の体調相談は、他で・・・という考えですから、専門医とはそうなんでしょう。自分でいろいろ調べて、相談に行くしかないのです。
悩んでいる症状を伝えて、うつ病対処の薬で様子を観ることもできるが、まずは甲状腺が安定するまで辛いけど経過をみては?という提案に、私自身も納得でき、経過を見ることにしましたふらふら

1ヶ月後の甲状腺の受診|低下症少し改善(メルカゾール中止で、チラージン1錠25m/日)
長年飲み続けたメルカゾールにさようならです。
しかし、かなり在庫が余っているのですが、どうしたらいいのでしょうかね。。。もったいなかったな。

でもこの頃は、まだまだ体調最悪で
  • 疲れ
  • 体中が痒い
  • こむら返りは改善
  • 足がもたつく
  • 食欲低下
  • 髪が抜ける
 
そして、とても精神的にバランスが崩れる程のショックな出来事があり、、、がく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)バッド(下向き矢印)ますます目まいや鬱の症状が強くなる。
あともう2ヶ月くらいは体調悪化状態でした。。。続きは次回に。
 
 



Follow basedow_ko on Twitter Twitter始めましたよ♪ @basedow_ko
バセドウ病ブログはこちら→ にほんブログ村 病気ブログ バセドウ病へ
にほんブログ村

【甲状腺機能低下症>アイソトープでバセドウ病から甲状腺機能低下症にの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。