2012年04月01日

アイソトープ治療から3ヶ月経過|メルカゾール2錠/日に減る

やっと体調が回復してきた感じがあるものの、春先は花粉症で最悪な状態。
毎年のことだけど、春先からは本当に辛いのだ。

私の場合は花粉はスギに限らず、ヒノキ・ブタクサ・イネ科植物と、ハウスダストとか動物のフケ、諸々に反応するので、花粉症とは年間通じてのお付き合いだが、やっぱりスギは手強い。その時期が来る前に、年間通じて飲んでいる薬プラス、点鼻薬を併用するなどして強化しなくちゃいけないのかな。。。大抵悪くなってから点鼻薬をもらいに行くのが、きっとだめなのねー。

そんな感じだから、体は怠く、ぼーっとするし、くしゃみ連発で体は疲れているし・・・。

調子どうか?バセドウの症状ととても区別が付きにくく、本人も分からない。

でも確実に脈は落ち着いているし、動悸がおきない。
エスカレーターではなくて階段を選びつつある自分の体は、動けるようになってきたのだと自覚。

この1年間で、過去最高に体重が増えてしまった。
会社と家との往復のみ。仕事もMAXに忙しく、連日遅くて夕飯も帰りがけに外食だった。しかも23時過ぎなのに普通に食事をしてしまっていた。これはストレス食いみたいなものでもあったと思う。食べることしか楽しみがなかったし。
ほとんど歩かず、デスクで仕事しっぱなし、夕食も遅いでは、、、確実に体重は増えるのだ。

3ヶ月目を迎え、血液検査へ。


結果は良好!

週に2錠飲んでいたヨードカリウム丸を止め、メルカゾールを日に3→2錠に。

ここ数年、ずっと3錠飲んでいたメルカゾールが2錠に減ったのは、うれしいのと不安なのと両方が入り交じっていた。

闘病がここまで長いと、何だかすぐ良くなるとか思えなくて、3→2錠に減ったけど、その後また悪くなるのでは?と、つい昔の苦い記憶を思い出してネガ思考になってしまう。。

良くなってきてるという検査結果に後押しされたのか、もしくはメルカゾールが2錠になったからなのか、体が徐々に軽く感じるようになり、気持ちも明るくなってきた。

少しずつ歩く距離を増やし、階段を意識し、週末は1時間くらいの散歩に出かけるようになった。
人と話すことも億劫だったのに。

性格が変わったと他人が感じるバセドウ病の症状。
回復してきているのを実感、アイソトープ受けてよかったな。





Follow basedow_ko on Twitter Twitter始めましたよ♪ @basedow_ko
バセドウ病ブログはこちら→ にほんブログ村 病気ブログ バセドウ病へ
にほんブログ村

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。