2014年03月02日

チラージンにて甲状腺ホルモン値安定、かつてない体調回復へ。

2011年12月にアイソトープ治療を実施、2012年は甲状腺機能低下症になって甲状腺ホルモンが暴れまくった1年でした。
とても苦しい一年で、以前の記事「アイソトープから6-7-8-9ヶ月目:甲状腺機能低下中」で書いたように、体調は絶不調!精神的にもスレスレの状態を過ごしていました。

アイソトープ実施か12ヶ月経過したらやっとホルモン値が正常値に入った。
体感としては遅れてくるので、春先にやっとこさ体調の改善を実感。
この頃から行動範囲が広がり、
  • 15分程度の自転車での最寄り駅までの移動ができるようになり、
  • よって劇的にタクシーの利用率が低下し、
  • 週末に1時間程度の散歩ができるようになり、
  • 大好きだった料理に立てるようになった
  • 部屋の掃除がマメにできるようになった

夏には、歩きがメインの旅行に行けるようになった。
旅行先でサイクリングを楽しんだり、ハイキングに参加することもできた。

今までは湯治とか、ゆっくりするタイプの旅行しか無理だったのに、大きな変化。
秋には、今までにない程「元気」を実感するまでに回復した。
10年来なかった回復で、週末は家にいることが少ない程に家事洗濯をチャッチャとこなしたら、さっさと出かける。
こんなに動けるなんて、本当に信じられないこと。

ただし、もう長い間運動らしきことをしていないので、背中の筋の痛みや腰痛が出てきたこともあり、ジムに通いリハビリという感じで個人指導を受けることにした。
いろいろな部位が動くことを忘れているようなので(笑)故障なく地道に可動域を増やして行く努力を重ねています。

体重は小さく減ってきています!なかなか強烈な食事制限は続ける自信はないので、まずは夕飯の食べ方に気をつけ、筋力を改善して疲れ難いからだを目指します。

アラフォー、人生半分の折り返し地点ですが、今まで甲状腺疾患により諦めていたことの多い人生だったけれど、これからの人生は前向きに焦らず歩いて行こうと思います。

私の症状はチラージンを服用しつつも安定してから1年間正常値に入ったままですので寛解状態と言えます。
数値検査も半年に1回となりました。このまま甲状腺ホルモン値が安定している間は、本ブログの更新をお休みすることにしました。
ブログを通じていろいろ情報交換いただけたこと、また体調が悪いときに励ましてくれた方々、本当にありがとうございました!
不調な毎日を過ごしていた時、同じような症状を抱えている方の闘病記は本当に支えになりました。

最後に。
私自身の感想としては、もっと早くにアイソトープを受けてしまえば良かったと思う事もあります。
でも、このブログは私個人の闘病記であり、私の取った選択を安易に他の患者様へおすすめするものでもありません。
アイソトープも複数回受けても安定しない方も知っています。
もしくはメルカゾール1錠を2日に1回飲んで、まったく問題なく普通の生活を送っている方もいらっしゃいます。
本当に個人差があるのです。

最初から親身になっていろいろ一緒に悩んでくれるようなお医者様に巡り会えることは、まずないと思った方がいい(笑)
診察時間が毎回3-5分程度の中では無理な話ですよね。。。

もし、現状の症状や治療方法に満足していない方は、まずは違う医療機関にかかってみるということをおすすめします。結構お話を聞く限り、最初にかかった医療機関以外を受診されていない方が多いと感じました。セカンドオピニオンは聞き慣れない言葉かもしれませんが、そんなに難しいことではありません。
住まわれている地域によっては別の医療機関を探すのも難しいこともあるかもしれませんが、自分が納得できるように交通費をかけてでも時間がかかってもセカンドオピニオンを聞いてみるのは、今の先生や治療方法と比較検討ができるだけでも大きな変化だと思います。

闘病中の方々も早く寛解しますように!
心から願っています。

れいこ
2014年3月2日





Follow basedow_ko on Twitter Twitter始めましたよ♪ @basedow_ko
バセドウ病ブログはこちら→ にほんブログ村 病気ブログ バセドウ病へ
にほんブログ村

【甲状腺機能低下症>アイソトープでバセドウ病から甲状腺機能低下症にの最新記事】

2013年02月11日

アイソトープから6-7-8-9ヶ月目:甲状腺機能低下中

アイソトープから6-7ヶ月経過。毎月伊藤病院で経過見ているけれど、今月は甲状腺値がさらに低下へバッド(下向き矢印)
チラージンを次回来院までの5週の内、最初の2週間チラージン50ug、次の3週間チラージン75ug、と増やしてみることに。

症状としては
  • 疲れ
  • 食欲低下
  • 日中の眠さ、だるさ、うつに似た症状
  • 髪の毛がバサバサ抜ける(ブラッシでバサバサ抜ける、洗髪時も、驚くくらい)部屋のフロアーもいつも以上に髪の毛が落ちていて、クイックルワイパーで掃除するとコワイくらい。

8ヶ月目。数値をみて、もう1ヶ月75ugを続ける。
症状が少し改善
  • 少し食欲が出てきた
  • 犬の散歩ができるようになってきた
  • 相変わらず髪の毛は沢山抜ける
  • 料理をしたいという気力が湧いてきた、久しくなかったやる気だ

IMG_1859.jpg

そして9ヶ月目。
まだ数値が戻ってこないため、さらに少しチラージンを増やすことに。
50ug + 25ug + 12.5ug = 87.5ug
...3錠毎日。シートの色が違うし、錠剤の色も微妙に違うから間違うこともない。

この受診日に、思い切って先生に質問してみたことは・・・続きのブログ記事を読む
Follow basedow_ko on Twitter Twitter始めましたよ♪ @basedow_ko
バセドウ病ブログはこちら→ にほんブログ村 病気ブログ バセドウ病へ
にほんブログ村

2013年01月23日

アイソトープ治療から5ヶ月目|甲状腺機能低下症に...なりました。

前回のブログ更新から随分と期間が空いてしまいました。。
それは、この辺りからが大変な戦いだったからです。

病院に行く直前の2週間程、なんだか体がよくツル症状(こむら返り)が出て。ストレッチで首筋がつったりと、昔バセドウ病の治療を開始した直後のこむら返りが多発していた時に似ていたのが気になり、通院すると・・・なんと、数値が一気に低下症を示しているというがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)

投薬治療もおかしな感じに。

一日目:メルカゾール1錠+チラージン1錠
二日目:チラージン1錠
三日目:メルカゾール1錠+チラージン1錠
四日目:チラージン1錠


という感じで、交互に飲み続けた。亢進を抑える薬と甲状腺ホルモンを補う薬と併用するなんて、素人には分かり難いが、専門医を信じて薬を飲む。
なんかこの頃から低下症の症状のひとつである、うつ病っぽい症状に苦しんでいたためか、記憶力も頼りなくて、「今日はどっちを飲む日だったか??」忘れてしまうので、100円ショップとかで売っている7日分の薬をしまえるお薬BOXを利用して管理した。

うつ病っぽいという点は、いろいろ甲状腺機能低下症の症状として説明がされていたので、落ち込みはしなかったけど
  • 本当に甲状腺機能低下症の症状のせい?
  • 本当は違う要因でうつなのでは?、など悩んだり。。。


  • 職場でいままで経験のない眠気に襲われる
  • しゃべっていて、舌がつかえたり、話す内容がすぐ出てこなかったり、人前で話すのが辛い
  • 思考能力が鈍る、話す内容がスルりと出てこないとかも頭の回転が遅い感覚
  • ぼーっとする
 
日中に眠くなるという症状は、体験したことがなかったのと、自分が職場で目をつむりたくなる感覚が嫌で嫌で。。。
本当に辛かった。
 
その後、念のためにも心療内科を受診してみた。。。
続きのブログ記事を読む
Follow basedow_ko on Twitter Twitter始めましたよ♪ @basedow_ko
バセドウ病ブログはこちら→ にほんブログ村 病気ブログ バセドウ病へ
にほんブログ村

2012年05月20日

アイソトープ後、薬再開!

アイソトープ治療を受ける1週間前からメルカゾール投薬治療を停止。
メルカゾールのような抗甲状腺薬で治療するとアイソトープ治療の効果が減弱するからというもので、アイソトープ治療についての説明書にも書いてありました。
以前一度、メルカゾールの備蓄が切れそうだったときに、インフルエンザにかかり、1週間ほど薬をやめてしまい…その後体調が戻るまでに苦しんだ経験があったので、少し不安ではありましたが、治療を受けるには必要なのでなるようになれです。
どちらかというと、ヨード制限の方が気を使いましたが、1週間後には前ブログ記事の通り、ぜいぜいと亢進状態が最悪で熱も出て、しんどかったです。

治療1日目は、血液検査して、先生の診察を簡単に受け、検査用の少量の放射性ヨードカプセル服用して、すぐ帰宅します。
すべては体調がしんどくなっていることも考慮してか、特別扱いで優先的に採決から診察、カプセル飲んで、精算して帰るまで、とても短時間で済むようになってました。
治療2日目は、予約した時間にまず、前日に服用したカプセル、24時間後の甲状腺の放射性ヨードの摂取率測定を、甲状腺シンチグラム撮影で確認します。1週間のヨード制限が成功しているかなどを観て、血液検査や甲状腺の重さ、大きさなどの情報と総合的に治療用の放射性ヨードの量を決めるようです。

先生は数値と私の頻脈を診て、これは動悸を押さえる薬を処方しておけばよかったね、と言われ・・後の祭りですが。

それでは治療用のカプセルを飲んで、帰宅してくださいと言われました。続きのブログ記事を読む
Follow basedow_ko on Twitter Twitter始めましたよ♪ @basedow_ko
バセドウ病ブログはこちら→ にほんブログ村 病気ブログ バセドウ病へ
にほんブログ村

2012年04月01日

アイソトープ治療から3ヶ月経過|メルカゾール2錠/日に減る

やっと体調が回復してきた感じがあるものの、春先は花粉症で最悪な状態。
毎年のことだけど、春先からは本当に辛いのだ。

私の場合は花粉はスギに限らず、ヒノキ・ブタクサ・イネ科植物と、ハウスダストとか動物のフケ、諸々に反応するので、花粉症とは年間通じてのお付き合いだが、やっぱりスギは手強い。その時期が来る前に、年間通じて飲んでいる薬プラス、点鼻薬を併用するなどして強化しなくちゃいけないのかな。。。大抵悪くなってから点鼻薬をもらいに行くのが、きっとだめなのねー。

そんな感じだから、体は怠く、ぼーっとするし、くしゃみ連発で体は疲れているし・・・。

調子どうか?バセドウの症状ととても区別が付きにくく、本人も分からない。

でも確実に脈は落ち着いているし、動悸がおきない。
エスカレーターではなくて階段を選びつつある自分の体は、動けるようになってきたのだと自覚。

この1年間で、過去最高に体重が増えてしまった。
会社と家との往復のみ。仕事もMAXに忙しく、連日遅くて夕飯も帰りがけに外食だった。しかも23時過ぎなのに普通に食事をしてしまっていた。これはストレス食いみたいなものでもあったと思う。食べることしか楽しみがなかったし。
ほとんど歩かず、デスクで仕事しっぱなし、夕食も遅いでは、、、確実に体重は増えるのだ。

3ヶ月目を迎え、血液検査へ。

続きのブログ記事を読む
Follow basedow_ko on Twitter Twitter始めましたよ♪ @basedow_ko
バセドウ病ブログはこちら→ にほんブログ村 病気ブログ バセドウ病へ
にほんブログ村

最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。